2018-06-14

主客のハーモニー

一体だったsujetとobjetを対立させたのは、
近代の発明だろうか。

近代的なsujetはobjetのひっかかりによって
維持されるため、sujetはobjetをひたすらに
蒐集する。
そのひっかかりとは、sujetとobjetを内と外
として峻別する膜のことであるように思う。

伊藤計劃「ハーモニー」で、御冷ミァハは
後天的に意識を実装したと描かれるが、
本来はすべてのsujetが、言語や文化、常識
などの膜によって後天的に獲得される。
多くのsujetは、そのことをほとんどの時間
において忘れているだけだ。

そのことを束の間強制的に思い出させるかの
ように、sujetとobjetを隔てる膜を消し去る
ハーモニー・プログラム。
その是非を判断する役目は、何が担えるだろうか。

No comments:

Post a Comment