2018-06-04

空っぽ

知識にしろ、夢にしろ、肉にしろ、脂肪にしろ、
何かが詰まったものに魅力があるのは確かだが、
その一方で、空っぽさの中に詰め込める可能性が
見出されることで魅力につながるというのは、
とても人間らしいように思う。

超然としていながら、いつでも空っぽになれる。
人形は、そのような天才性を帯びる可能性を
秘めているのかもしれない。

No comments:

Post a Comment