2017-10-13

せっかち

2017年秋の総選挙は民主主義を破壊している。
「積極的棄権」の声を集め、民主主義を問い直したい。


新井紀子は「とにかく早くすっきりしたい」ことに対して、
東浩紀は思考停止することに対して、そうではないのでは
ないかと言っており、両名の提起する違和感は、根本的に
同じ方向を向いているように思う。

読むとはどういうことなのか、社会とは何なのかについて、
絶対的に「正しい」見方はなく、何を「正しい」とみなすか
の判断基準の共有が、その都度図られるだけだ。
判断基準が更新する過程をないがしろにし、判断基準を所与の
ものとした上で「正しい」ことを求めるだけの、「とにかく
早くすっきりしたい」という思考停止。
停止していないときはどのくらいあっただろうか。

そんなことまで立ち戻っていられないのかもしれないが、壊死
しつつ瓦解するという動的平衡を崩し、更新しなくなった秩序
として静的平衡に留まるものは、もはや生命ではない。

何をそんなに急いでいるんだろうか。

No comments:

Post a Comment