2016-11-07

理不尽

なんで、なんでと問うその問が、人間を最も特徴付ける。

その問は、発達の段階において、教育するものによって
理不尽にも切断されるが、それは特定の対象については
高速に判断ができるようになるという点で、教育の有用な
一面でもある。

「理不尽」は「理によって尽くさず」と書き下すことができ、
すべてが理由律の中に位置付けられる前に判断が
下されることを意味していると言える。
この理不尽さにあまりにも慣れ過ぎてしまうと、
理の中に位置付ける行為である理由付けを再構成する際に
自らの力で行うことができなくなってしまい、与えられるがままに
「理解」するだけになる。

教育の難しさは、バリエーションに富むわけでもないが、
短期間で伝達するにはあまりにも多い「理解」の仕方を
何とか伝達するために、理不尽さを必要に応じて混ぜながら
行いつつも、一旦は切断した「理解」の根本の部分を如何にして
欠損することなく再構成するかということにある。

理不尽さでもって一旦切断した問の連鎖を再構成することなく、
理解し解答するという答えを出す部分にだけ終始するのであれば、
教育はあまりにも理不尽である。

No comments:

Post a Comment