2018-07-24

王国のアリス

マリアの心臓で「王国のアリス」を観てきた。

ギャラリーのヴンダーカンマー感が好きだ。
一人の人間の趣味によって蒐集されたもので
ありつつも、蒐集品それぞれが独自の雰囲気
をもつことで、純粋でありながら複雑である
という独特の空気感に溢れている。
展示品の方が観者よりも数が多いというのも、
ヴンダーカンマーらしさにつながるのかも
しれない。

博物館での展示は、あまりにも純粋になり過ぎ、
展示品に対する観者の数があまりにも増え過ぎた。
これもまた一種のマスコミュニケーション化だが、
近代にはこの形式の方がマッチするのだろう。

人形を眺めながら、「人形」には「人」が入って
いるのに、「doll」には人間に相当する語がない
ということを考えていた。
調べてみると、dollの語源はDorothy=gift of God
ということらしい。

天野可淡という神様の贈り物には、
独特の魅力があるように思う。
二つの顔をもつ人形が鏡に映りながら
回転するオルゴールが特によかった。

No comments:

Post a Comment