2018-07-20

言説の領界

ミシェル・フーコー「言説の領界」を読んだ。

冒頭で表明される不安は、飛躍がもたらす瓦解
に対するそれである。

不安を解消するには拠り所が必要であるが、
拠り所があまりにも確固としたものであれば
飛躍することが叶わず、その先には壊死という
別の死が待っている。
この拠り所へのアンビヴァレンスを述べたのが
「逆転」の原則であり、意味を生み出す拠り所
となるポジティヴな面と、特定の「真なるもの」
にむけての排除、制限、占有を生むネガティヴ
な面を併せもつ「権力」の問題へとつながる。
権力は、抽象過程における判断基準や除算モデル
における商と同じように、同一性の基準を与える
ものである。

長い間充足理由律に縛られ続けてきたことで、
「人間学的思考」という一真教へと壊死しつつ
ある秩序から解放し、拠り所をもちながらも、
時折飛躍できるような、壊死と瓦解の狭間で
更新される秩序へ。
そのような「生きた」言説を、「生きた」ままに
捉えようとするのが系譜学なのではないかと思う。

系譜学もまた一つの飛躍であり、この講義自体が
系譜学の対象となるような言説だったからこそ、
フーコーは不安を吐露したのだろう。

No comments:

Post a Comment