2018-01-09

actualとvirtual

「独立変数」と「互いに独立な拘束条件」の関係が、
actualとvirtualやrealとpossibleの違いを生む。

独立変数に対する拘束条件の数が多ければ多いほど、
possibleからrealへと近づく。
拘束条件が絡む独立変数の数が多ければ多いほど、
virtualからactualへと近づく。

拘束条件が複雑に絡み合ってできた独立変数の塊は、
何らかの個として認識されるが、個を繋ぐ拘束条件が
少なければ、その個にとってはvirtualな世界が広がる。
メタな視点からは、virtualは離散的にみえるはずだ。

No comments:

Post a Comment